旧大宮市の商業

旧大宮市の歴史が語るように、世代を超えて、この土地の発展は大変めまぐるしいものがあります。 東京との距離が交通のアクセスの開通により、よりスムーズになったことで、ベッドタウンとしてではなく、この街周辺地域にも、たくさんのビジネスを構えるところも多くなりました。 大宮市をホームタウンとして活躍するJリーグ・大宮アルディージャ、鉄道博物館、たくさんのショップやモール、本社をおく企業、大学、そして、旅客鉄道では、東北、上越、長野、秋田、山形の新幹線、川越線、埼京線、東北本線、高崎線、京浜東北線、東武鉄道、伊奈線、と大変な混雑振りを見せています。

 

これは、やはり鉄道の街として知られる所以であり、交通の便のよさがビジネスの加速を助けていると見られます。 また、東北自動車道、東京外環自動車道等の高速道路が通っていることからも、旧大宮市の周辺は、すぐれた商業都市として発展しています。 このあたりの地域は、地域が合併を繰り返して、かつてから「大埼玉構想」なるものが計画されていたといわれています。

 

これが今旧大宮市を含む、合併された地域のための大都市構想による発展が実現してきたものと思われます。 しかしながら、ここまでにいたるには、何度かこの構想を呈していたにもかかわらず、過去には、この構想はそれほどうまくは行ってなかったようです。 しかし、さいたま市が成立した後には、このかつての構想がもっと現実的になって、今のさいたま市を見れば、その結果がおのずと見えてきます。